たれ目ラクダの道楽

旅とグルメが好きなたれ目ラクダのブログ

シンガポール旅 3泊5日【Day4 & 5】

Day4&5

■目次

・鼎泰豊【昼食】★★

・ラッフルズホテル散策

・マリーナベイサンズ散策

・The Coffee Bean & Tea Leaf Beanstro 【カフェ】★★

・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

・ベトナムフォー【夕食】★★

・帰国

鼎泰豊 ★★

9時に起床し、ホテルをチェックアウト。荷物をホテルに預け、サンテックシティ内にある鼎泰豊へ。前日は小麦粉類が続いていたので、ご飯ものが食べたかった。OPENと同時に入店。エビ炒飯、エビ焼売、ジャージャー麺を注文。

f:id:taremerakuda:20190423194941j:plain

さすが安定のうまさ。麺も頼んで結局小麦粉類を食べていた。 

 

ラッフルズホテル散策

腹を満たして、シンガポール最高級のホテル「ラッフルズホテル」へ。

f:id:taremerakuda:20190423195332j:plain

ホテルの構内は外の世界とは切り離されたような静かさ。シンガポールスリングが生まれた場所と言われるロングバーにも行ってみたが、シンガポールスリング1杯2000円越えだったので、見学だけしてバーを出る。

f:id:taremerakuda:20190423195407j:plain

シンガポールに住んでたら、休日にアフタヌーンティでもしに来たいと思いつつ、ラッフルズホテルを後にする。

 

マリーナベイサンズ散策

シンガポールに来て以来、毎日遠くから見ていたが、一度も足を踏み入れていなかったマリーナベイサンズへ。

f:id:taremerakuda:20190423200600j:plain

ホテルのロビーへ。ホテルのシグネチャーでもある屋上のインフィニティプールは宿泊者のみ利用可能。展望台に上るにも料金が必要。エレベータ前に長い待ち行列があったので、展望台には登らず。次回シンガポールに来たなら、1泊してプールでインスタ映えする写真を撮りたいと思いつつ、ホテルの下にあるショッピングモールへ。

f:id:taremerakuda:20190423200702j:plain

f:id:taremerakuda:20190423201141j:plain

The Coffee Bean & Tea Leaf Beanstro

妻の買い物タイムを経て、マリーナベイサンズ内にあったCoffee Beanで休憩。

f:id:taremerakuda:20190423203044j:plain

コーヒーとチーズケーキを注文。味も雰囲気もよく、長居したくなる。休日に読書や書き物するにはすごくいい場所だろう。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens By The Bay)

夜のライトアップが見たかったので、夕方になってからGardens by the Bayへ。マリーナベイサンズの裏側にあるのだが、そのわずかな道のりでスコールにあい、服も靴もビショビショ。傘はいらないと言ってホテルに置いてきた私の罪悪感と妻の不機嫌パラメータが急上昇。熱帯の国で折り畳み傘かレインコートを携帯しておくことは夫婦関係を良好に保つ上でも役立つことを学んだ。 

f:id:taremerakuda:20190423203517j:plain

 

気候が温かいこともあり、服も靴も意外に早く乾く。妻の機嫌も平常モードに戻りひと安心。「人工」と「自然」を組み合わせたモニュメントが数多くみられる。

大自然を見たときの感動とは異なるが、創意工夫が素晴らしい。シンガポールは国土が小さい地域なのに世界中から人が集まる。それを象徴するランドマークと言えるだろう。夜になりガーデン内は幻想的な世界が広がる。

f:id:taremerakuda:20190423204412j:plain

歩いてパンパシフィックホテルのあるEsplanade駅周辺に戻る。

 

NamNam ★★

サンテックシティにあるベトナムレストラン「NamNam」で夕食にフォーを食べる。米麺と温かいスープが疲れた胃腸に効く。

f:id:taremerakuda:20190423204634j:plain

帰国

パンパシフィックホテルに戻り、預けていた荷物をピックアップ。MRTで空港に向かう。

・22:50シンガポール発、6:45羽田着 (時差+1時間)

出会った全ての料理が美味しかったので、満足の旅だった。またあの味を食べに行こうと心に誓い、シャワーを浴びて寝る。

 

以上

■関連記事