たれ目ラクダの道楽

旅とグルメが好きなたれ目ラクダのブログ

『セマウル食堂』熱炭プルコギ - 東京 / 新大久保

東京のコリアタウンである新大久保にある炭焼の豚プルコギのお店『セマウル食堂』。ペク・ジョンウォン氏がプロデュースするチェーン店で、韓国では全国展開されているお店。自分が初めて行ったのはソウルの明洞のお店だった。東京でも新大久保にあるので時々無性に食べたくなると、行ってしまう。

f:id:taremerakuda:20190703001503j:plain

土曜日だったが、21時に行ったので、待たずに入店できた。天井から伸びる換気扇(ダクト)を見ると、テンションが上がるのは私だけだろうか。

f:id:taremerakuda:20190703001547j:plain

オススメは定番の「熱炭プルコギ」と「7分キムチチゲ」。うちは2人で「熱炭プルコギ」2人前、「7分キムチチゲ」、「テンジャンチゲ」、ライス2つ、コーン茶2杯を注文。

f:id:taremerakuda:20190703001720j:plain

f:id:taremerakuda:20190703001748j:plain

コチュジャンベースの特性タレをつけた薄切りの豚肉が銀色のボールに入って出てくる。店員さんがトングで調理してくれるのも本場さながらだ。

f:id:taremerakuda:20190703001828j:plain

サンチュ、コチュジャン、ニンニク、わかめスープ、キムチ等がセットで付いてくる。

f:id:taremerakuda:20190703001858j:plain

f:id:taremerakuda:20190703001931j:plain

数分で出来上がり!すでに見た目と匂いから美味そう。ほぼ同時に熱々のチゲも提供される。

f:id:taremerakuda:20190703002003j:plain

キムチチゲ

f:id:taremerakuda:20190703002030j:plain

テンジャンチゲ(ちょっと納豆のような匂いがあるので、納豆が苦手な人はオススメしない。)

f:id:taremerakuda:20190703002108j:plain

f:id:taremerakuda:20190703002133j:plain

プルコギはそのままでも美味いし、焼いたニンニクとコチュジャンと一緒にサンチュに巻いて食べるのも最高に美味い。チゲはご飯と一緒に食べるもののため、若干濃いが、これも美味い。個人的にはキムチチゲと刻み韓国海苔をご飯に少しずつかけて食べるのが好き。

f:id:taremerakuda:20190703002337j:plain

日本でよくある韓国焼肉とは違って新しい味だが、どこか懐かしい味も感じる。2人で4,448円。豚肉ではあるが焼肉でこの美味さでこの値段はかなりコスパがいいと個人的には感じている。数か月後にまた急に食べたい衝動に駆られるのが目に見えている。

セマウル食堂

アクセス

JR 新大久保駅 徒歩6分

都営地下鉄 東新宿駅 徒歩5分

住所 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-1-4 T.Kビル 1F
営業時間

11:30-27:00(L.O.は25:00)

定休日 無休