Taremerakudaの道楽

世界のホテルとグルメを巡る

『アロヒラニリゾート ワイキキビーチ / Alohilani Resort Waikiki Beach』宿泊レビュー【利便性良し&施設充実 | モダンラグジュアリーホテル】

f:id:taremerakuda:20191219183712j:image

当記事は、「ハワイで泊まるホテルとして、アロヒラニリゾートが気になるけど、予約する前に宿泊レビュー・口コミを確認しておきたい」という人にオススメ。

2019年11月にハワイ オアフ島行った際、『アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ』に宿泊してきたので、その体験をもとに宿泊レビュー・口コミを紹介する。

感想・オススメ度 ★★★★☆(4.5)

結論から言うと、個人的に満足度はかなり高かった。

2名1泊あたり3万円ほどだったが、価格に十分に見合っており、すごく快適に過ごすことが出来た。

コスパ感が良いと思った理由

  • インフィニティプールアクアリウムなどの施設が充実。
  • クラブラウンジ「LONGBOARD CLUB」のラグジュアリー感がやばい。
  • 「Lychee」の朝食ビュッフェが美味しい。
  • 利便性がいい。ワイキキも徒歩圏内。ビーチも道路一本渡るだけ。

気になった点としては、

  • エレベーターが少なく、時間帯によってはなかなか来ない。
  • バスルームが若干狭い。

ことはあったが、コスパ的には許容範囲。

基本的な評価ポイントも下記のとおり問題なしだ。

利便性(〇)

ロイヤルハワイアンセンターから徒歩10分ほどで、十分便利。

清潔感(〇)

問題なし。

静かさ(〇)

問題なし。窓を開けると外の音は結構聞こえる。

接客(〇)

丁寧で親切。印象良し。

食事(〇)

レベル高。『Lychee』の朝食が美味しい。

施設(〇)

プール・ジム・アクアリウムあり。

クラブラウンジあり。

Expedia、Agodaの口コミも確認したが、基本的に評価は高かった。筆者が滞在した時は気にならなかったが、ところどころ、スタッフの対応や廊下の声などに対するコメントもあったので、確認をオススメする。

>>Expediaの口コミを確認する

>>Agodaの口コミを確認する 


ということで、個人的には、以下の条件でホテルをお探しの方にオススメ。

・ワイキキ中心部から徒歩10分内。

・ラグジュアリーホテル希望だが、1泊の予算3万~4万円くらいに抑えたい。

・プールやラウンジなど施設が充実している。

・ホテル内で美味しい朝食が食べられる。

・子どもが遊ぶ施設が充実している。

予約・宿泊費

ExpediaagodaHotels.comなどを比較し、agodaで予約。 

  • プレミアルーム(パーシャルオーシャンビュー/キングサイズベッド)2名1泊あたり3万円x6泊で18万円。
  • さらにチェックアウト時に1泊あたり45 USDのリゾートフィーが取られるので、合計21万円。(ハワイのリゾートフィーはけっこうバカにならない。。) 

>>Expediaで宿泊価格をチェックする

>>agodaで宿泊価格をチェックする

f:id:taremerakuda:20200418225709j:plain

(出典:Expedia)

『LONGBOARD』クラブラウンジを利用するには宿泊予約時にクラブアクセス付きを予約しておく必要がある。

客室の設備・アメニティも基本的なものは全て揃っている。

客室施設

・無料Wifi

・冷蔵庫、セキュリティボックス、アイロン、ドライヤー

アメニティ

・歯ブラシ、石鹸、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、髭剃り

・コーヒー・紅茶

無料ウォーターなし(1Fにウォーターサーバあり)

アクセス

  • ダニエル・K・イノウエ空港からUberまたはタクシーで約20分
  • クヒオビーチ、デュークカハナモク像から徒歩1分。
  • ロイヤルハワイアンセンターまで徒歩10分。

>>Google マップ

エントランス・ロビー

エントランス

白を基調としたホテルエントランス。ヤシの木が茂っており、クヒオビーチも見えて、気分があがる。

f:id:taremerakuda:20191219183708j:image

車寄せは車が2台楽に通れるくらいの幅があり、広々している。

f:id:taremerakuda:20191219183702j:image

エントランスには広々としたソファがあり、タクシーなどを待つときも快適。

f:id:taremerakuda:20191219183637j:image

f:id:taremerakuda:20191219183633j:image

ロビー

かなり広々としたロビー。白を基調としたモダンなデザインで、個人的には好きな空間だ。

写真は夜撮ったものだが、昼のチェックインピーク時は4名で対応しており、そこまで混んではいない。

f:id:taremerakuda:20191219183655j:image

ちなみに、このホテルのロビーはなかなかすごい

友人や家族とロビーで待ち合わせするときに使える広々ゆったりしたソファーがあり、

f:id:taremerakuda:20191219183629j:image

というのは普通にあり得るとして、、

なんと、ホテル内にアクアリウム(水族館)がある 

f:id:taremerakuda:20191219183616j:image

予約した時から知ってはいたが、いざ見てみるとけっこう圧倒される。

チェックイン

  • チェックインして、キーをもらえるのは15時。
  • 基本的にスタッフは英語対応だが、日本語デスクもあるので、英語が苦手な方も心配ご無用。
  • スタッフは基本的にフレンドリーに対応してくれる。 

f:id:taremerakuda:20191219183625j:image

ホテルはシースケープ棟とビーチサイド棟の2棟で構成。

  • シースケープ棟はホテルの施設へのアクセスが便利。
  • ビーチサイド棟はクヒオビーチへ出るのに便利。

うちはシースケープの17階の部屋へ。

f:id:taremerakuda:20191219183642j:image

エレベータに乗って17階へ上がる。このエレベータ、進めばスピードは速い。

ただ、フロアが39階あって、エレベータ4基なので、混雑時はなかなか来ない

待ち合わせとかの際は時間に余裕を持った方がよい。

f:id:taremerakuda:20191219183621j:image

部屋のドアの前を通ると、中の話し声がまぁまぁ聞こえる。部屋の中からだと外の声は気にならなかったが、あまり中でやかましくできない。

f:id:taremerakuda:20191219183705j:image

客室 - プレミアルーム(パーシャルオーシャンビュー)

今回お世話になった部屋。いざ中へ。

f:id:taremerakuda:20191219183651j:plain

繰り返しになるが、部屋の中も白を基調としたモダンデザイン。リゾートに来たー!という気分になる良いインテリアだ。

 

キングサイズベッド

キングサイズなので広さは十分、寝心地もかなりよかった。アメリカのベッドなので高さは結構ある。

f:id:taremerakuda:20191219184147j:image

f:id:taremerakuda:20191219184220j:image

テレビ&ドロアー

テレビ、ドロアー、コーヒーマシーンなど基本的なものはすべて揃っている。

f:id:taremerakuda:20191219184231j:image

ドロアーの引き戸を開けると冷蔵庫がある。冷蔵庫は小さいがよく冷える。

f:id:taremerakuda:20191219184157j:image

ホテルから提供されるペットボトルの水はない。代わりに水を入れる水筒のようなものがあり、1階のウォーターサーバーで入れて飲む。数回使ったが結局面倒になり、ABCストアで大きなペットボトルの水を買って飲んでいた。

コーヒーマシーンはカプセル専用。

各部屋に電気ケトルはないが、フロントに言えば持ってきてくれる。

f:id:taremerakuda:20191219184150j:image

ソファ&デスク

ソファは2人で座るにはちょうどいいサイズ。

f:id:taremerakuda:20191219200819j:image

デスクはビジネス用ではないが、外で買ってきたものを食べるにはちょうどいい。

f:id:taremerakuda:20191219184223j:image

f:id:taremerakuda:20191219184144j:image

バスルーム

バスルームはシンプルだがモダンで清潔感がある。

f:id:taremerakuda:20191219184204j:image

f:id:taremerakuda:20191219184227j:image

バスタブとシャワーは一体。(バスタブとシャワーボックスが別々ではない。)

スペースもそれほど大きくはないので、体が大きい人は狭く感じるかも。

シャワーの水圧や温度も問題なし。下水の臭いとかも全くなかった。

f:id:taremerakuda:20200418215219j:plain

アメニティ

全て「malie」というブランドのものが用意されている。知らなかったが、香りもなかなかいい。

f:id:taremerakuda:20191219184214j:image

クローゼット

クローゼット内には、アイロン、セキュリティボックスが揃っている。

ハンガーも8個あり、2人には十分な数。

f:id:taremerakuda:20191219184200j:image

f:id:taremerakuda:20191219184211j:image

ベランダからの景色

ベランダからの景色を見てみる。海は若干見える程度だが、綺麗!

パーシャルでも十分テンションは上がった。まだフルオーシャンビューの部屋に泊ったことがないからかもしれないが。。

f:id:taremerakuda:20191219184248j:image

山側の景色もきれいだ。

f:id:taremerakuda:20191219184234j:image

窓を開けていると、外の音がけっこう聞こえてくるが、閉めていれば問題ないレベル。

上の階は風も多少はあるので、洗濯物を干すときは、飛ばないように気をつけよう。

個人的に部屋の中は総じて、居心地がよかった。 

>>Expediaで宿泊価格をチェックする

>>agodaで宿泊価格をチェックする

レストラン

ホテル内のレストラン・バーは5つあり、朝食から軽食・バーなどが楽しめる。

どれもモダン&ラグジュアリー。Lycheeの朝食はけっこう美味しかった。

ただ、超一流ホテルのような高級ディナーが食べられるシグネチャーレストランはない。

Lychee(ライチ)

ビュッフェ形式の朝食が頂けるレストラン。

>>レビュー記事

Swell Pool & Bar(スウェル・プール&バー)

インフィニティプールに併設したモダンラグジュアリーなバー。

>>レビュー記事

O BAR(オーバー)

ロビー横にある巨大アクアリウムに併設したバー・ラウンジ。

>>レビュー記事

モリモトアジア

SEASIDE 2Fにあるアジア料理レストラン。

モモサン

SEASIDE 1Fにある日本食レストラン。

クラブラウンジ

朝は朝食、夕方はカクテルや軽食が楽しめる『LONGBOARD(ロングボード)』。

ここの非日常感はリアルに半端ない。

利用にはクラブアクセス付き宿泊プランの予約が必要。

f:id:taremerakuda:20191219210929j:plain

>>Expediaで宿泊価格をチェックする

>>agodaで宿泊価格をチェックする

プール・ジム等施設

アロヒラニリゾートの「Swell Pool & Bar」はホテル側がかなり力を入れたと思われる施設で、このために宿泊してもいいというくらい圧巻のラグジュアリー感。

f:id:taremerakuda:20191219192943j:image

f:id:taremerakuda:20191219193104j:image

インスタ映えの奇跡の一枚が撮れる。

f:id:taremerakuda:20191219192642j:image

トレーニングジム

シースケープ3Fにある、トレーニングジム「ISLAND CLUB & SPA」

利用可能時間は朝5:00~夜23:00(金~日は朝5:00~夜22:00)。

トレーニングマシーンがかなり豊富。宿泊中は毎日夜利用させてもらった。

f:id:taremerakuda:20191219214035j:image

f:id:taremerakuda:20191219214509j:image

ウォーターサーバ、タオルやおしぼりも用意されていて、運動後にはかなり助かる。

f:id:taremerakuda:20191219215629j:image

ロッカールーム・シャワールーム

ロッカールームがあるので、ここで着替えて、運動できる。

シャワーも完備しているので、汗かいた後に、すっきりしてから次に行ける。

f:id:taremerakuda:20191219214506j:image

フィットネススタジオ

トレーニングジムの向かい側にはフィットネススタジオがある。

ホテルが用意するフラダンスやヨガなどのアクティビティプログラムが行われる場所。

レッスンは英語のみだが、動きを真似ていれば問題ない。

f:id:taremerakuda:20191219215633j:image

ゲストランドリー(GUEST LAUNDRY)

ゲストランドリーには洗濯機・乾燥機がある。

長期滞在の人はもちろん、短期でも海やプールで泳いだ後のスイミングスーツを洗ったりできるので、家族連れには助かるだろう。

洗剤用の自販機もあるので、買い忘れても大丈夫。

f:id:taremerakuda:20191219214523j:image

ショップ

1Fロビーからビーチサイド棟へ向かうホテル内通路にはショップが入っている。 

ABCストア、JTB、ルームアメニティの「malie」などのショップがある。

ABCストアがホテル内にあるのはかなりありがたい。

f:id:taremerakuda:20191219214502j:image

パーキング

ホテル内にあるパーキングエリア。

シースケープからアクセスできるので、レンタカーする人はシースケープ側の部屋が便利。
f:id:taremerakuda:20191219215620j:image

アクティビティプログラム

フラダンス、ヨガ、レイ作りなど、様々な無料アクティビティプログラムが用意されている。

ロビーやコンシェルジュでスタッフに聞くとスケジュール表がもらえる。

f:id:taremerakuda:20191219214533j:image

チェックアウト

朝8時頃にチェックアウト。それほど並ばずにチェックアウトできた。

6泊させてもらったが、便利・新しい・清潔な上に、ラグジュアリーな施設を備え、高級リゾートにしては若干リーズナブルで、個人的にはニーズにピッタリくるホテルだった。

次回ハワイに行くときはぜひまたお世話になりたいと思う。

>>Expediaで宿泊価格をチェックする

>>agodaで宿泊価格をチェックする

 

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ / ALOHILANI RESORT WAIKIKI BEACH

アクセス

ロイヤルハワイアンセンターからクヒオビーチ沿い徒歩10分

住所

2490 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

Check-in/out

チェックイン   :15時

チェックアウト:12時

HP

https://jp.alohilaniresort.com/

MAP

Google マップ

あわせて読みたい

『アロヒラニリゾート・ワイキキビーチ』の宿泊プランを確認する
Expedia | 会員価格でさらにお得
Hotels.com | 10泊すると1泊無料
agoda | セットでホテルが最大25%OFF
世界の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いてくる!