たれ目ラクダの道楽

世界のホテルとグルメを巡るブログ

『アロヒラニリゾート』にて - vol.1 シンプル&ラグジュアリー!ホテルロビー & ルーム

2019年11月にハワイオアフ島行った際、『アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ』に宿泊してきた。

前回は張り切って「ザ・カハラホテル&リゾート」と「ハレクラニホテル」という二大高級ホテルを攻めてみたが、今回は新しくてハイグレードだが、前述の2ホテルと比べると若干リーズナブル

場所はクヒオビーチの前、デュークカハナモク像からほど近く、ロイヤルハワイアンセンターまで徒歩7分ほど。利便性もかなり良いということでチョイスした 

Expedia、Agoda、Hotels.com、楽天などを比較し、Agodaで予約。

f:id:taremerakuda:20191219183712j:image

■目次

  • エントランス
  • ホテルロビー
  • チェックイン
  • ホテルルーム - パーシャルオーシャンビュー 
  • キングサイズベッド
  • テレビ&ドロワー
  • ソファ&デスク
  • バスルーム
  • アメニティ
  • クローゼット
  • 部屋からの景色

エントランス

空港からUberタクシーで20分ほどで『アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ』に到着。

白を基調としたホテルエントランス。ヤシの木が茂っており、クヒオビーチも見えて、気分があがる。


f:id:taremerakuda:20191219183708j:image

 

車寄せは車が2台楽に通れるくらいの幅があり、広々している。


f:id:taremerakuda:20191219183702j:image

 

エントランスには広々としたソファがあり、タクシーなどを待つときも快適。


f:id:taremerakuda:20191219183637j:image

f:id:taremerakuda:20191219183633j:image

 

大きなドアをくぐって、いざロビーへ。

 

f:id:taremerakuda:20191219183646j:image

 

ホテルロビー

かなり広々としたロビー。白を基調としたモダンなデザインで、個人的には好きな空間だ。

写真は夜撮ったものだが、昼のチェックインピーク時は4名で対応しており、そこまで混んではいない。


f:id:taremerakuda:20191219183655j:image

 

ちなみに、このホテルのロビーはなかなかすごい

友人や家族とロビーで待ち合わせするときに使える広々ゆったりしたソファーがあり、


f:id:taremerakuda:20191219183629j:image

 

ハワイの王族の衣装が飾ってあり、

(鳥の毛を使って作る衣装らしく、位の高い方はより大きい衣装を着ていたらしい)


f:id:taremerakuda:20191219183658j:image

 

というのは普通にあり得るとして、、

なんと、ホテル内にアクアリウム(水族館)がある

 

f:id:taremerakuda:20191219183616j:image

 

予約した時から知ってはいたが、いざ見てみるとけっこう圧倒される。

 

チェックイン

チェックインして、キーをもらえるのは15時。

飛行機の中で頑張っても寝られず、到着してからかなり眠かったが、昼食を食べたりして時間を費やし、ようやく部屋へ。

ちなみに日本語対応の専用ロビーもあるので、英語が苦手な方も心配ご無用。


f:id:taremerakuda:20191219183625j:image

ホテルはシースケープ棟とビーチサイド棟の2棟からなっており、シースケープはホテルの施設へのアクセスが便利で、ビーチサイドはクヒオビーチへ出るのに便利。

 

うちはシースケープの17階の部屋へ。


f:id:taremerakuda:20191219183642j:image

 

エレベータに乗って17階へ上がる。このエレベータ、進めばスピードは速い。

ただ、フロアが39階あって、エレベータ4基なので、混雑時はなかなか来ない

待ち合わせとかの際は時間に余裕を持った方がよい。

 

f:id:taremerakuda:20191219183640j:image


f:id:taremerakuda:20191219183621j:image

部屋のドアの前を通ると、中の話し声がまぁまぁ聞こえる。部屋の中からだと気にならなかったが、あまり中でやかましくできないなと。


f:id:taremerakuda:20191219183705j:image

 

ホテルルーム - パーシャルオーシャンビュー

今回お世話になった部屋。いざ中へ。


f:id:taremerakuda:20191219183651j:image

 

繰り返しになるが、部屋の中も白を基調としたモダンデザイン。リゾートに来たー!という気分になる良いインテリアだ。

 

キングサイズベッド

キングサイズなので広さは十分、寝心地もかなりよかった。アメリカのベッドなので高さは結構ある。

 

f:id:taremerakuda:20191219184147j:image


f:id:taremerakuda:20191219184220j:image

 

テレビ&ドロアー

テレビ、ドロアー、コーヒーマシーンなど基本的なものはすべて揃っている。


f:id:taremerakuda:20191219184231j:image

 

ドロアーの引き戸を開けると冷蔵庫がある。冷蔵庫は小さいがよく冷える。


f:id:taremerakuda:20191219184157j:image

 

ホテルから提供されるペットボトルの水はない。代わりに水を入れる水筒のようなものがあり、1階のウォーターサーバーで入れて飲む。数回使ったが結局面倒になり、ABCストアで大きなペットボトルの水を買って飲んでいた。

コーヒーマシーンはカプセル専用。

各部屋に電気ケトルはないが、フロントに言えば持ってきてくれる。

 

f:id:taremerakuda:20191219184150j:image

 

ソファ&デスク

ソファは2人で座るにはちょうどいいサイズ。


f:id:taremerakuda:20191219200819j:image

 

デスクはビジネス用ではないが、外で買ってきたものを食べるにはちょうどいい。


f:id:taremerakuda:20191219184223j:image


f:id:taremerakuda:20191219184144j:image

 

バスルーム

バスルームはシンプルだがモダンで清潔感がある。
f:id:taremerakuda:20191219184204j:image

f:id:taremerakuda:20191219184217j:image

f:id:taremerakuda:20191219184227j:image

 

バスタブとシャワーは一体。(バスタブとシャワーボックスが別々ではない。)

スペースもそれほど大きくはないので、体が大きい人は狭く感じるかも。


f:id:taremerakuda:20191219184245j:image

シャワーの水圧や温度も問題なし。下水の臭いとかも全くなかった。


f:id:taremerakuda:20191219184207j:image

 

アメニティ

全て「malie」というブランドのものが用意されている。知らなかったが、香りもなかなかいい。
f:id:taremerakuda:20191219184214j:image
f:id:taremerakuda:20191219184140j:image

 

クローゼット

クローゼット内には、アイロン、セキュリティボックスなどが揃っている。


f:id:taremerakuda:20191219184136j:image


f:id:taremerakuda:20191219184200j:image


f:id:taremerakuda:20191219184211j:image

 

ドアの内側に貼ってある非常出口の案内は英語、日本語、中国語表記。


f:id:taremerakuda:20191219184237j:image

 

ベランダからの景色

ベランダからの景色を見てみる。

海が若干見える!

パーシャルでも十分テンションは上がった。まだフルオーシャンビューの部屋に泊ったことがないからかもしれないが。。

 

f:id:taremerakuda:20191219184248j:image

 

山側の景色もきれいだ。


f:id:taremerakuda:20191219184234j:image

窓を開けていると、外の音がけっこう聞こえてくるが、閉めていれば問題ないレベル。

上の階は風も多少はあるので、洗濯物を干すときは、飛ばないように気をつけよう。

 

個人的に部屋の中は総じて、居心地がよかった。

vol.2ではホテルイチオシのインフィニティプール&バーへ。 

 

関連記事