Taremerakudaの道楽

世界のホテルとグルメを巡る

『ザ・リッツカールトン東京』クラブラウンジの食事はかなり豪華で体験の価値あり! - 東京 / 六本木

f:id:taremerakuda:20201105152850j:image

当記事は、「ザ・リッツカールトン東京のクラブラウンジのフードプレゼンテーション(食事)が気になるけど、まずは宿泊した人のレビュー・口コミを確認しておきたい」という人にオススメ。

2020年10月に『ザ・リッツカールトン東京』のクラブフロアに宿泊してきたので、その体験をもとにレビューを紹介する。

感想・オススメ度 ★★★★★

クラブラウンジの食事はかなり豪華で体験の価値あり。

クラブフロア宿泊プランは、素泊まりと比べて、2人で+3万円程度なので、躊躇するが、限定されたラウンジで混雑もなく、素晴らしい景色を見ながら、美味しい料理を堪能できるので、3万円以上の価値はあった。


<良かった点>

・クラブラウンジからの景色がかなり綺麗。

・料理もレベルが高く、美味しい。

・特にアフタヌーンティが豪華。

<注意しておきたい点>

・夕食が少ないので、夜お腹がすく。

・パン類、スイーツ類が多いので、食べていると最後の方は胃が疲れてくる。

(糖質制限している人には確実にオススメしない)

・朝食はクラブラウンジのもので、「タワーズ」のものは付いていない。

クラブラウンジ施設内

f:id:taremerakuda:20201105162659j:image

f:id:taremerakuda:20201105152733j:image

ラウンジ内は落ち着いた雰囲気で、高級感に満ちている。人もそれほどおらず、かなりプライベートも保たれる。

f:id:taremerakuda:20201105152835j:image

f:id:taremerakuda:20201105152824j:image

53Fなので、六本木、渋谷、新宿方面の景色が綺麗に見える。六本木ヒルズが目の前だ。

f:id:taremerakuda:20201105152758j:image

ウェルカムドリンク

f:id:taremerakuda:20201105152855j:image

席に着くと、冷たいハーブティを持ってきてくれた。口の中がすっきりして美味しかった。

アフタヌーンティ(14:00-16:00)

チェックインをしながら、アフタヌーンティが食べられるという贅沢なおもてなしが楽しめるということで、さっそく注文。タワー型のアフタヌーンティが到着!

f:id:taremerakuda:20201105162504j:image

f:id:taremerakuda:20201105152830j:image

f:id:taremerakuda:20201105152845j:image

f:id:taremerakuda:20201105152748j:image

どれも質が高く、美味しかった。個人的にはスコーンがかなり気に入った。

普通に食べたら1人7,000円くらいはするはず。

f:id:taremerakuda:20201105152820j:image

f:id:taremerakuda:20201105152900j:image

f:id:taremerakuda:20201105152803j:image

14:30ごろに来て、結局16:30ごろまでアフタヌーンティを堪能。イブニングカクテルを17:30に予約し(混雑しないように時間を予約するようになっている)、いったん部屋に戻る。

イブニングカクテル(17:00~19:00)

予定通りイブニングカクテルを17:30にスタート。

COEDOビールとジンジャーエールで乾杯。

f:id:taremerakuda:20201105152742j:image

4種のオードブルに、パエリアと茶碗蒸し。

f:id:taremerakuda:20201105152752j:image

f:id:taremerakuda:20201105152812j:image

f:id:taremerakuda:20201105162417j:image

f:id:taremerakuda:20201105162439j:image

どれも美味しかったが、特にパエリアが絶品だった。

 

スイーツ&カクテル(20:00~22:00 L.O 21:30)

スイーツは3種の盛り合わせ。見た目も可愛らしく、美味しい。

f:id:taremerakuda:20201105152840j:image

せっかくなのでカクテルも頂いた。これがまた美味しい。

f:id:taremerakuda:20201105162322j:image

ほろ酔い気分で部屋に戻る。

若干まだお腹が空いた感があったが、風呂に入って爆睡。

 

朝食(6:00~10:00)

朝が弱いので、ちょっと遅めの8:30に朝食開始。

朝食は洋食と日本食から選べる。筆者は洋食、妻は日本食をチョイス。

f:id:taremerakuda:20201105153100j:image

まずスタートは、サラダ、フルーツ、チーズの盛り合わせ。(洋食・日本食両方とも)

バランスが取れていて、かなりヘルシー。

f:id:taremerakuda:20201105153033j:image

このサラダがかなり美味しい。

f:id:taremerakuda:20201105153041j:image

そして、ペストリー。お好きなものを選んでよいということなので、妻と2つずつ選んだ。

f:id:taremerakuda:20201105153037j:image

f:id:taremerakuda:20201105153114j:image

f:id:taremerakuda:20201105153050j:image

次に「洋食」のオムレツとクロワッサンワッフルが到着。

f:id:taremerakuda:20201105153055j:image

f:id:taremerakuda:20201105153046j:image

両方とも文句なしに美味しい。ワッフルは正直もうちょっと食べたかった。

 

次に日本食メニュー

f:id:taremerakuda:20201105153022j:image

シンプルかつバランスが取れたメニューで、胃が落ち着く。

朝食を満喫して、部屋に戻る。

 

軽昼食(11:00~13:00)

12:00にチェックアウトだったので、クラブラウンジへ。

チェックアウトをしながら、軽昼食を頂く。

f:id:taremerakuda:20201105153105j:image

サンドイッチ、豚の角煮、ナチョスとかなり多国籍。

f:id:taremerakuda:20201105153111j:image

さすがに最後はちょっと胃が疲れた感はあったが、高級なものをこれだけ食べるのもたまには悪くない。

感想まとめ

クラブラウンジの食事は総じて美味しく、体験の価値は十分にあった。

素泊まりと比べて、2人で+3万円程度なので、躊躇するが、限定されたラウンジで混雑もなく、素晴らしい景色を見ながら、美味しい料理を堪能できたので、3万円以上の価値はあったと感じた。

ただ、これだけ堪能するには胃の体力もそこそこ必要。そこまで沢山食べられない方は、クラブフロアではなく、普通の朝食付宿泊プランの方がオススメ。

 

~~~ 宿泊価格をチェックする ~~~

>>楽天トラベル

>>Hotels.com

>>一休.com

>>Expedia

>>じゃらん

>>agoda

>>るるぶ

>>JTB

>>Yahoo!トラベル

>>近畿日本ツーリスト

 

ザ・リッツカールトン東京 / The Ritz Carlton Tokyo

アクセス

都営地下鉄大江戸線 六本木駅直結

東京ミッドタウン直結

住所

東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン

check in/out

[チェックイン] 15:00

[チェックアウト] 12:00

HP

東京のラグジュアリーホテル | ザ・リッツ・カールトン東京

MAP

>>GoogleMap

あわせて読みたい