たれ目ラクダの道楽

旅とグルメが好きなたれ目ラクダのブログ

ダナン4泊5日『アンサナランコー』にて【Day2】

■目次

Day2

  • ホテル内散策
  • レストランMarketPlace【朝食】★
  • 全長300mのプール
  • 部屋のプライベートプール
  • Angsana Jetty(アンサナとバンヤンツリーを結ぶシャトル船)
  • レストランSaffron(バンヤンツリー内)【夕食】★★★

Day2

起床してホテル内を散歩。天気は晴天で最高だが、日差しが強く少し肌が痛くなるほど。日常を忘れてリゾート気分を満喫するのに最高の景色。

f:id:taremerakuda:20181031222048j:plain

f:id:taremerakuda:20181031222211j:plain

f:id:taremerakuda:20181031222258j:plain

f:id:taremerakuda:20181031222339j:plain

気分よく15分ほど歩いたら汗だくに(汗)。

f:id:taremerakuda:20181031222520j:plain

f:id:taremerakuda:20181031222638j:plain

f:id:taremerakuda:20181031222716j:plain

  • ホテル内を散歩するのにも日焼け止めと虫よけスプレーは必須。
  • 時々トカゲを見かけるので、びっくりしないように。

ホテル施設内の全体像はこんな感じ。

f:id:taremerakuda:20181104002954j:plain


レストランMarketPlace【朝食】★

MarketPlaceというレストランでビュッフェスタイルの朝食。

f:id:taremerakuda:20181031223129j:plain

f:id:taremerakuda:20181031223243j:plain

f:id:taremerakuda:20181031223332j:plain

料理の内容は、洋食、中華、ベトナムの3種類。ジュース、ヨーグルトは品数豊富。スパークリングワインやソーダもある。パンも種類豊富だが、味はまぁまぁ。

f:id:taremerakuda:20181031223450j:plain

f:id:taremerakuda:20181031223518j:plain

フルーツ、サラダも品数が豊富。

f:id:taremerakuda:20181031223558j:plain

卵料理やフォーはその場で作ってくれるから温かいものを頂ける。パンケーキやワッフル、ベーコンやソーセージ、温野菜など朝食ビュッフェの定番もある。

f:id:taremerakuda:20181031223629j:plain

中華系はシュウマイ、エビ餃子、春巻きなど。ちなみに利用客は、韓国、中国系が50%、豪州、欧米系が45%で日本人が5%くらい。

f:id:taremerakuda:20181031223801j:plain


全長300mのプール

アンサナランコーが誇る全長300メートルのプールへ。ビーチサンダルも、ビーチベッドに敷くタオルも部屋に準備されている。

f:id:taremerakuda:20181031224041j:plain

f:id:taremerakuda:20181031224116j:plain

ビーチベッドに陣取りすると、スタッフが冷たいお茶を持ってきてくれる。リゾートらしい素晴らしい対応。

f:id:taremerakuda:20181031224213j:plain

f:id:taremerakuda:20181031224238j:plain

  • 外は日差しが強く、虫もいるので日焼け止め、虫よけは必須。
  • 水着は露出が少ないもの、レシガードのような長袖のものがオススメ。
  • 気温は38度なのでプールの水も温かい。
  • 浮き輪などの遊具も無料で貸してくれる。ボールやバスケットゴールもプール内にあり、子ども連れには最高の施設。
  • お湯のジャグジーもあり、プールの後に温まれるのは大人にとってはうれしい。
  • 子ども連れ家族やカップルがちらほらいる程度で、混雑することはない。

部屋のプライベートプール

そして部屋にもプール(水深1.3m)が付いているので、こちらも楽しんでおく。虫が浮いていたが、スタッフを呼ぶのが面倒だったので、自分で除去。ベッドルームのドアを全開にしてそこから足をつけると最高にリゾート気分を味わえる。

f:id:taremerakuda:20181031224405j:plain

プール自体はそこまで大きくないので、大人は泳ぐことはできない。こちらは小さい子どもがいる家族にオススメ。


Angsana Jetty(アンサナとバンヤンツリーを結ぶシャトル船)

プールを一通り満喫した後、同じ敷地内にあるバンヤンツリーに行ってみることに。敷地内にアンサナとバンヤンツリーを結ぶ運河があり、Angsana Jettyというシャトル船が20分に1回ほど運航している。

f:id:taremerakuda:20181031224852j:plain

f:id:taremerakuda:20181031224942j:plain

バンヤンツリーは全ての部屋がプール付きヴィラ(一軒家)なので、ロビーに人がほぼいない。サンセットのプログラムで笛の生演奏をしていたので、ベンチに座って鑑賞。

f:id:taremerakuda:20181031225100j:plain

f:id:taremerakuda:20181031225256j:plain

演奏が終わるころには空は薄暗くなってきて違った雰囲気を味わえる。

f:id:taremerakuda:20181031225435j:plain


 レストランSaffron【夕食】★★★

夕食はバンヤンツリーのシグネチャーレストランであるサフランで食べることに。予約はしていなかったが、ロビーでスタッフに確認したところ、たまたま1席空いていたため、行けることに。通常は前もって予約しないと当日は予約が取れないとのこと。

f:id:taremerakuda:20181031225549j:plain

サフランは高台にあり、バンヤンツリーのロビーからカートに乗せてもらって行く。

f:id:taremerakuda:20181031225804j:plain

スタッフのオススメは

・Nue Nam Tok (Marinated Grilled Beef Tenderloin Salad with Thai Herbs)

という料理で、牛肉と香草をカクテルのようにシェイクして作る。今タイで一番人気ですごく美味しいとのことだったのでそれを注文。他にも鳥のメイン料理を1つ注文した。メイン料理には4色のライスがセットで付いてくる。

f:id:taremerakuda:20181031225845j:plain

f:id:taremerakuda:20181031230208j:plain

f:id:taremerakuda:20181031230316j:plain

f:id:taremerakuda:20190112121149j:plain

どれも文句なく美味しかったが、スタッフお勧めのNue Nam Tok(一番下)が新しい味で一番おいしかった。ハーブや香草が苦手でない方はぜひ試していただきたい。

  • 事前予約が必要。
  • レストラン内は、エアコンが効きすぎて肌寒い。ブランケットを借りるか、カーディガンを持っていったほうがよい。(外のテラス席は暖かい。)
  • ドレスコードはあるが、短パン、ポロシャツ、スニーカーでも問題ない。
  • スタッフもメニューも英語対応のみ。
  • パクチーがダメな人は「Noコリアンダー」と言うとよい。「パクチー」はタイ語なのでベトナムでは通じないこともある。

食事が終わった後に、レストランのテラススペースに出て、景色を眺める。波の音、月の光、そして星空に癒される。 

f:id:taremerakuda:20181031230407j:plain

f:id:taremerakuda:20181031230441j:plain

f:id:taremerakuda:20181031230523j:plain

f:id:taremerakuda:20181031230606j:plain

食事後、部屋に戻り、シャワーを浴びて寝る。

>>Day3に続く

 

関連記事リンク