Taremerakudaの道楽

世界のホテルとグルメを巡る

【ハワイ】『ポリネシアンカルチャーセンター』カルチャー体験の内容・行き方解説!【体験レビューあり】

f:id:taremerakuda:20191215235758j:image

『ポリネシアンカルチャーセンター』とはその名の通り、ポリネシアン諸国のカルチャーを体験できるテーマパーク。ビーチでの遊びやショッピングとはひと味違うハワイ体験ができる場所だ。

 オススメ度 ★★★☆☆

結論から言うと行く価値あり。

・ポリネシアンの文化体験は意外に楽しい。

・イブニングショー「BREATH OF LIFE」は圧巻で間違いなく見る価値あり。

・難点は車で片道1時間半の距離、ツアーが一日がかり、ビュッフェスタイルのディナーが美味しくない、の3点。

 

次の方にはオススメ

・ポリネシアンの文化体験をしたい方

・それなりに時間と体力がある方(現地への移動含めて、ツアーは丸一日かかる)

・ワイキキに飽きた方

 

事前予約

まず、HPから事前予約が必要。(日本語ページあり)

5つのプランから選択できる。プランにより、ツアーの人数、食事内容、イブニングショーの席、特典(レイ、DVD)の有無が変わってくる。

うちは「アンバサダー・デラックス」のパッケージをWebから事前予約。

パッケージ内容・料金について:https://polynesia.jp/package/#tabNight

  • 夕食はビュッフェスタイルでどのプランにも付いている。(決して美味しくはない)
  • 送迎バスはオプション。1人33 USD追加で利用可能。ワイキキ周辺のホテルに送迎してくれる。(片道:約1時間)
  • 日本語ガイド付き

ツアーの流れ(「アンバサダー・デラックス」の場合)

★時間は11:45~21:00。ツアーで行動し、以下の内容をこなしていく。

11:45~18:00

・【体験】火おこし体験、笹で魚を作る体験、カヌー体験、フラダンス体験、等

・【鑑賞】ポリネシアの大自然の3D映像、カヌーショー、太鼓演奏、等

18:00~19:00

・【食事】ビュッフェディナー

19:30~21:00

・【鑑賞】イブニング・ショー「BREATH OF LIFE」(ミュージカルショー)

全部で9時間強のスケジュールなので、パッと見長いと感じるが、体験が多いので意外にあっという間。日程に余裕がある人、子ども連れの人にはオススメ。

アクセス

  • 送迎バスを利用(約1時間)
  • タクシー・レンタカーを利用(約1時間)
  • 市バスを利用(約1時間50分)

うちは最も費用が安い市バスを選択。

アラモアナセンター前からノースショア・ハレイワ行きの60番バス(旧55番バス)に乗り、「Polynesian Cultural Center」で下車

市バスのタイムテーブル:TheBus - Routes & Timetables

f:id:taremerakuda:20191215235718j:image

 

バスに揺られること1時間50分。ポリネシアンカルチャーセンターに到着。

 

f:id:taremerakuda:20191215235627j:image

カルチャー体験

ガイドさんが付いてくれて、火おこし、笹で魚作り、カヌー漕ぎ等の体験ができる。リクエストすれば日本人の方が付いてくれた。BYU大学ハワイという大学がポリネシアンカルチャーセンターの隣にあり、そこの学生さんとのこと。 

ツアー中は家の造りや像の意味など、ポリネシアン文化について説明してくれる。

f:id:taremerakuda:20191215235749j:image

f:id:taremerakuda:20191215235645j:image

ちなみにポリネシアとはハワイ、トンガ、サモア、フィジー、マーケサス、ラバ・ヌイ(イースター)、アオテアロア(ニュージーランド)等を含んだ島々(三角形のエリア)のことを言うらしい。家や服装など似ているがそれぞれ微妙に違う。

f:id:taremerakuda:20191215235755j:image

カヌーショー

カヌーの上で、ポリネシアン各地域の若者たちが、キレのいいダンスを披露。

地域によるダンスの違いがそこまでわからなかったが、面白い。

f:id:taremerakuda:20191215235641j:image

太鼓演奏とダンス

f:id:taremerakuda:20191215235653j:image

f:id:taremerakuda:20191215235743j:image


f:id:taremerakuda:20191215235631j:image


f:id:taremerakuda:20191215235728j:image

ポリネシアンカルチャーセンターのお兄さんたちは全員ムキムキ。何かあればとりあえず「フゥーフゥー!」と言っていて、かなりテンション高め。

お客さんの9割は欧米系の観光客。ノリがよく、会場の雰囲気はエネルギーに満ち溢れている。

ビレッジツアー

ポリネシアン各国の家などを見て回るツアー。全部じっくり見てるほど時間がないので、サクサク行く。

f:id:taremerakuda:20191215235634j:image

f:id:taremerakuda:20191215235724j:image

f:id:taremerakuda:20191215235721j:image

アオテアロアの家。

f:id:taremerakuda:20191216013219j:plain

緑がいっぱいで心地がいい。

f:id:taremerakuda:20191216013254j:plain

f:id:taremerakuda:20191216013343j:plain

夕食ビュッフェ

一通りツアーを終えて、18時からディナータイム。

f:id:taremerakuda:20191215235649j:image

ポリネシアンセンター内のレストランでビュッフェ形式のディナーを頂ける。種類は豊富だが、個人的には味が残念すぎ(あくまで個人的な感想)。唯一サラダは食べられたので、サラダをてんこ盛り食べた。

 

イブニング・ショー「BREATH OF LIFE」

気持ちを切り替えて、ポリネシアンカルチャーセンターで絶対に見るべきと言われるイブニング・ショー「BREATH OF LIFE」を見た。撮影禁止だったので、ショー中の写真はないが、かなり見応えがあるショーだ。ポリネシアンの子どもがどのように育ち、大人になって行くかを描いたショーなのだが、ダンス、音楽、ファイアーショー全てに迫力があってかなり面白い。正直このショーだけ見に来てもいいレベルでオススメだ

f:id:taremerakuda:20191215235740j:image

21時にショーが終わり、全スケジュールが終了。

ワイキキへ戻る

最終の市バスは21時半前だったので、遅れないようにバス停に行く。(これを逃すとタクシーしかない。)

市バスに乗って、1時間50分かけてワイキキに戻る。これが結構疲れる。。(このときは送迎バスにすればよかったと後悔。。)

 

個人的感想

丸1日がかりだったので正直疲れたが、行ってよかったと思える経験ができた。

イブニングショー「BREATH OF LIFE」は圧巻。間違いなく見る価値あり。

ディナーも逆の意味で圧巻。。

 

ポリネシアンカルチャーセンター(Polynesian Culture Center)

アクセス

・送迎バス

https://polynesia.jp/access/

・市バス

アラモアナセンターからノースショア・ハレイワ行きの60番(旧55番バス)に乗って、「Polynesian Culture Center」で下車。所要時間:1時間50分

TheBus - Routes & Timetables

住所 55-370 Kamehameha Hwy, Laie, HI 96762
営業時間 月~土 11:45-21:00
定休日 日、感謝祭、クリスマス
料金 https://polynesia.jp/package/
HP https://polynesia.jp/

 

パッケージ(航空券+ホテル)を検索する
Expedia
Hotels.com
agoda
世界の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いてくる!