Taremerakudaの道楽

世界のホテルとグルメを巡る

『Cafe Rino』癒しのリバーサイドカフェ - ソウル郊外(京畿道 楊平)

f:id:taremerakuda:20190906002539j:plain

ソウル郊外、京畿道の楊平群にある『Cafe Rino』。韓江の上流に位置する場所にあり、自然の中でコーヒーと美味しいパンが楽しめるカフェだ。

感想・オススメ度 ★★★★★

ソウルの都会の喧騒から離れ、自然の中でコーヒーと美味しいパンが楽しめる。

心地よさが抜群によく、最高に癒される。

ソウルの都会感に疲れたら、ぜひおすすめしたい。 

アクセス 

京畿中央線の雲吉山駅または両水駅から、徒歩、バスまたはタクシーで行くことが可能。

<徒歩>

  • 京畿中央線 雲吉山(Ungilsan)駅から徒歩29分
  • 京畿中央線 両水(Yangsu)駅から徒歩22分

>>Google マップ

 

<バス:雲吉山駅(Ungilsan)から>

バスNo 経路 時間/本数

167

乗車5分 

Yangsudaegyo Bridge Enterance下車、徒歩3分

[往]09:00~22:00

(1時間に1本~4本)

[復]09:58~20:33

(2時間に1本~3本)

63

乗車5分

Yangu-ri Dolmen下車、徒歩5分

[往]07:31~21:31

[復]06:42~20:42

(2時間毎に1本)

(2020年12月時点)

 

<バス:両水駅(Yangsu)から> 

バスNo 経路 時間/本数

8-4

8-6

8-8

8-7

8-33

8-44

乗車5分

Yangsu-ri Samgeori下車、徒歩5分 

[往]07:35~19:10

[復]07:27~19:01

(1時間に1~3本)

(2020年12月時点)

※田舎なので、夜になると駅までの道は人通りが少ないので、徒歩よりバスが確実にオススメ。

店内雰囲気(テラス席)

f:id:taremerakuda:20190906002616j:plain

夜は人がまばらにいる程度で、かなりプライベートな感覚でゆっくりできる。

昼は人が多くて、待ち行列らしいが、山や韓江などの景色が綺麗に見え、夜と比べてパンのチョイスも多いので、どちらも捨てがたい。

 

f:id:taremerakuda:20190906003430j:plain

虫の鳴き声、芝生の匂い、さわやかな風が心地よく、心がリラックスできる。

店内雰囲気(室内)

f:id:taremerakuda:20190906004013j:plain

店内のインテリアもすごくリラックスできるようなデザイン。くつろぐには空間のデザインが重要だ。韓国も北欧のように冬が長い。室内で快適に過ごす形を知っている。

f:id:taremerakuda:20190906003946j:plain

ペストリー

f:id:taremerakuda:20190906002731j:plain

f:id:taremerakuda:20190906002759j:plain

f:id:taremerakuda:20190906002823j:plain

f:id:taremerakuda:20190906002921j:plain

f:id:taremerakuda:20190906003120j:plain

f:id:taremerakuda:20190906003143j:plain

f:id:taremerakuda:20190906003201j:plain

f:id:taremerakuda:20190906003221j:plain

f:id:taremerakuda:20190906003252j:plain

メニュー・値段

コーヒー、パンを注文。振動ベルをもらい、席に座ってコーヒーができるのを待つ。

  • カフェラテ - 6,500 ウォン(約650円)
  • アメリカ-ノ - 6,000 ウォン(約600円)
  • モンブラン(ミルクパン)- 7,500 ウォン(約750円)
  • ブルーベリーチーズケーキ - 6,000 ウォン(約600円)

値段はそこそこするが、どれもすごく美味しそうで、しかもサイズが大きい。

f:id:taremerakuda:20190906003351j:plain

 

カフェラテ、アメリカ-ノともにそのままでほんのり甘く、好みの味で美味しい。

ミルクパンはふわふわで、かつ優しい甘さで、美味しい。

ブルーベリーチーズケーキも甘すぎず、コーヒーとすごく合う。

 

カフェ・ペストリー

f:id:taremerakuda:20190906003556j:plain

f:id:taremerakuda:20190906003615j:plain

韓国の若い人は、コーヒーとパンへのこだわりが強く、最近はソウルなどにレベルの高いカフェが多くできているようだ。

 

f:id:taremerakuda:20190906004108j:plain

感想まとめ

心地よさのあまり、ずっとダラダラしていたい気持ちになる。

近くに住んでたら毎週末に来てしまうのではないかと思うほど。

ソウルの都会遊びに疲れたら、ここまで足を伸ばしてみるのも悪くない。

 

Cafe Rino(カフェ利路/카페 리노)

アクセス 京畿中央線 雲吉山駅からバスNo.167で両水大橋入口下車(乗車3分)、徒歩3分

 

住所

606-5, Yangsu-ri, Yangseo-myeon, Yangpyeong-gun, Gyeonggi-do

(京畿道 楊平群 楊西面 両水里 606-5)

(경기도 양평군 양서면 양수리 606-5)

営業時間 09:00-01:00
定休日 -
HP -
Map

Google マップ

海外航空券+ホテルをお得に予約するなら!
  
  
  

 

ETUDE公式オンラインショップ